携帯の通信料を安くするSIMカード

ダークファイバーは放置され稼働していない光ファイバーの事で、有効的に活用して欲しいと願います。

携帯の通信料を安くするSIMカード

ダークファイバーの活用

通常、光ファイバーは数十本から数百本体で敷設されます。
ですが実際には運用に必要な分だけを稼働させ残りは放置されています。
その放置され稼働していない光ファイバーの事を「ダークファイバー」と呼んでいます。
何とも勿体ない話です。
ですが、その「ダークファイバー」に注目が集まっています。
実際に2000年頃から世界的にダークファイバーを通信事業者間で貸し借りするようになっています。
その動きは年々活発になっています。
国内でも通信事業者がNTT東日本のダークファーバーに自社の回線網を接続する協定を結んでします。
光ファイバーの専用線の料金は通信速度、距離、品質などによって毎月固定料金を支払っています。
それと比べるとダークファイバーの料金は光ファイバー1本で1kmあたり月10万円と非常に安い価格設定になっています。
企業にとっては通信費が非常に安くなりコストダウンに大きく貢献します。
そのダークファイバーを借りる事で手軽にWEBを利用する事が出来るのです。
光ファイバーと言う最新技術の通信ケーブルが眠ったままになっているのは大変無駄な事です。
資源の有効活用と同じ様に眠ったままのダークファイバーを出来れば100%活用して欲しいものです。
そして光ファイバーの使用料金が少しでも安くなる事を願います。