携帯の通信料を安くするSIMカード

WEBデザイナーが実際にする仕事は、ディレクターの指示の元にクライアントの要望に応じたデザインを創り上げる事です。

携帯の通信料を安くするSIMカード

WEBデザイナーが実際にする仕事

WEBデザイナーの仕事は、デザインを創りだす事です。
どんな職業にでも言える事ですが、実際にその仕事に従事して見ると想像とは違った仕事内容だった…と言う場合も多くあります。
そこでWEBデザイナーが実際に行う仕事内容について調べる事にします。
WEBサイトを1つ作るには、様々な職種のスタッフが集まりチームを組んで取り組みます。
どんな職種の人がいるのか、大まかに説明すると「ディレクター」「デザイナー」「ライター」「コーダー」「プログラマー」などです。
それぞれに役割があります。
例えば「ディレクター」であれば、クライアントとスタッフの間に立つ現場監督の様な役割を担っています。
WEBデザイナーの担う役割は、ディレクターの指示の元にデザインの部分を担当します。
そのデザイン部門には「レイアウト設計」と「ビジュアル設計」の2つの種類があります。
「レイアウト設計」は、その言葉通りに「レイアウト」を考える仕事です。
「構想」の段階ではありますが全体の骨組みになる大変重要な作業です。
この作業はディレクターが行う場合もあります。
「ビジュアル設計」はWEBデザイナーにしか出来ない仕事です。
どうすればユーザに効果的なデザインになるのか考えながらデザインします。
そこで自分の個性を発揮して他にはないデザインを創りだすのですが、如何にクライアントの要望を満たす事が出来るのかを考えながらデザインしなければなりません。

関連サイト